クリーンでエコな網戸

皆さんご存知の通り、網戸は自然の風を取り込むと同時に、蚊やハエなどの害虫の侵入を防ぐとこができる便利な道具です。蚊取り線香や殺虫剤とは異なり、害虫を撃退することはできませんが、健康的かつ安全に害虫から身を守ることができます。

市販されている殺虫剤には、防虫菊の有効成分に倣って人工的に作られた「ピレスロイド」と呼ばれる成分が含まれています。ピレスロイド化合物は神経系・免疫系・内分泌系に影響を与えるとする研究結果がだされています。殺虫剤同様に、蚊取り線香の主成分は「アレスリン」と呼ばれるピレスロイド化合物であり、同様に危険性をはらんでいるといえます。

これらのことから、化学薬品に頼らず、物理的に害虫の侵入を防ぐ網戸がもっとも安全な防虫方法であると考えられます。しかし、網戸だけでは虫の侵入を100%防ぐことは困難です。

そこで、室内の防虫対策には、防虫効果のあるユーカリやグローブ、レモングラス、ミントなどのハーブを置いてみるのはいかがでしょうか。防虫効果も期待でき、また、お部屋のインテリアとして香りも楽しむことができます。

Qタバコの煙および灰には虫除け効果があるの?
Aタバコの煙を吸ったショウジョウバエの幼虫の多くは成長過程で死んでしまう、という受動喫煙の危険性を訴えるニュースがありました。つまり、蚊やハエのような害虫に対しても防虫効果が期待できると言えるでしょう。例えば、生ごみにタバコの灰を振っておくと虫が寄ってきません。改めてタバコの毒性の高さを思い知らされます。

このページの先頭へ